--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/05/2009    技術と知識と
時間があいたので、ノベマス系のブログを巡ってみて、いまさらぴんと来たのがこの記事だ。確か前に読んだときもそう思ったはずなのだけれど、いまになって自分なりの考えというものがもやもやから形をなしはじめたのだ。

ぼくにとって重要なのは「文字動画の利点」ではなく、二段目にある「『面白い』のは誰の手柄?」のほうだ。ここでは、面白い/面白くないを決める多くは読者、視聴者の生き様や経験などに起因するのではないかと語られている。

ふと思ったのだが、まずは読者/視聴者の技術というものを考えなければいけないのではないだろうか。単純にいってしまえば、何らかの作品を楽しむには技術がいり、また知識もいるはずだということだ。もちろん、読解に要する技術や知識の高低によってその価値が決まるわけではないが、すくなくとも、そういったものが必要であることは確かであるように思う。

たとえば、ヌーヴォー・ロマンを楽しむには確かな小説の読解能力が不可欠だし(ぼくもアレを楽しむにはいささか能力が欠けている)、ファインアートを鑑賞するには技術とともに美術史の知識が必要だ(単に絵をながめてきれいだというのはオムツとれたてのガキにだってできるし、そんなものは鑑賞とはいえない)。より卑近で単純な能力をあげれば、「伏線に気づくか気づかないか」ということは物語を楽しむにあたって重要な分岐点だ。あるいは、推理小説などにおけるトリックの感知問題にしたってそうだ。知識面の問題はパロディにいつだってついてまわる。

朗読Pが「私は物語を削る」といっている。あるいは「余白を作る」とも。陽一Pのテキストをチェックさせられるとき、ぼくはよく「もっと削れ」「ここいらなくね?」などといっている気がする(本当かどうかは陽一P本人に聞かないとわからないけど)。おそらく、もっと埋めてしまったほうがわかりやすいだろうと思う。けれど、そうでないほうが気持ちがいい。それは受け手の想像の余地があり、そこに入りやすいということもあるのだろうが、それについては措こう。ここでは結局、受け手に要求する読解能力のレベルを上げていることになる。

どういったものが好きなのかという好みの問題はあるにせよ、受け手の技術と知識という問題は作り手だけでなく、受け手としても避けて通れない。受け手としての自分から見れば、それが高ければ高いほど、より多くのものを楽しめるように思うし、それこそがオタクの生きる道ではなかったのか、とも、また、思ったりするのである。

まあ、なんでも、いいですけれど。


追記:書いては消し、消しては書いてをくりかえす日々でございます。ああ、どうしてくれよう。
スポンサーサイト
06/12/2009    テクストと映像と
たとえば、小説にはテクストの快楽があります。

登場人物や話の筋といった語られるものだけでなく、その語られ方、あるいはその語りそのものが小説の大きな魅力であり、愉悦です。あるいは、それこそが、最大の美点なのかもしれません。

ぼくの好きな小説に漱石の「坊つちやん」があります。ぼくごときがいまさらいうことではないのですが、その一番の魅力はそのテクストにあると思います。坊っちゃんの喋るその言葉、あるいは山嵐の、赤シャツの、野だいこの、狸の、生徒たちのそれは、一つ一つ全く異なっていて、それぞれがキャラクターを書きわけながら、各人を駆動させています。そしてまた同時に、うらなり君とマドンナは二人ともほとんど喋らないことによって、そのありようを見せています。

話の筋は単純です。外からやってきた坊っちゃん[主人公]は、山嵐[相棒]とケンカを通して仲良くなり、二人で協力しながら赤シャツと野だいこ[敵]を〔物理的に〕叩きのめすが、最終的には町を追われる――まとめてしまえば、たったこれだけです。どこからかやってきた主人公が相棒を〔トラブルを挟んで〕作りつつ、敵に一矢報いて、また去っていくという筋は、他の小説なり映画なりといったものにもよく登場します。というより、いってしまえば、そもそも、話の筋という奴は結局かぎられたパターンに収まってしまうものなのかもしれません。

あるいは、映画について考えます。映画の楽しみは何か。もちろん、話じたいでもありますが、すくなくとも半分は、その映像であるといってよいでしょう。

なんらかのストーリーを伴う他のジャンルにしても、その話じたいの重要性というのは、多くて半分といったところではないでしょうか。

小説におけるストーリーとテクストは、あるいは映画におけるお話と映像は、車軸の両輪のように通底しながら、互いに影響をあたえ、作品を前進させています。

それでは、NovelsM@sterというジャンルでは、どうか。

いわゆるネタ系のものはおいておくとして、なんらかの一貫したストーリーをつむぐ作品においては、この事実が大きくのしかかってきます。

定義上、映像をもちながら、テクストによってお話をすすめるというNovelsM@ster〔あるいは、架空戦記でも、もしかしたらそうかもしれません〕では、映像とテクストはいったいいかなるものであるべきなのでしょうか。言うまでもないことですが、一人称や呼称、あるいはメッセージウィンドウやキャラクターの立ち絵などといった程度の低い話ではありません〔もちろん、それらの重要性を否定するわけではありませんが〕。

たとえば、「」は、表示されるものをテクストのみにすることによって、その姿勢をあきらかにしています。あるいはたとえば、「夜は短し走れよ乙女」では、その色彩がストーリーと対応しながら円環をえがき〔使われている色の並び順に注目すべし〕、物語を〔文字通り〕彩っています。

テクストと映像のどちらがお話を駆動し、プロットに精彩を与えるのか、あるいはいずれが主となり従となるのか、そしてその比率はどうかという、話を演出するにあたっての根本的な問題は、文字を使いながらお話をみせる動画において、深くその身を横たえています。

幸運なことに、そしてまた不幸なことに、この問いには一つの解答というものは存在しないでしょう。いいかえれば、なんらかのストーリーを伴った動画を〔文字を使いながら〕作るということは、この問いにひとまずの回答を出す、ということなのかもしれません。
06/01/2009    六月のノベマス系企画
ノベマス系企画が二つ。

■5mium@s
6月14日(日)開催。主催はシロP。タグロック形式。

レギュレーションは…
・NovelsM@sterであること〔定義は各自にゆだねる〕
・動画の長さが5分以内であること
・"5mium@s"タグをロックすること
の三つ。

詳しくはシロPブログの当該記事、およびニコニコ大百科の当該記事参照。

なお、すでに支援動画がいくつもあがっている模様。ニコマスPのフットワークは、軽い。


■iSF
teamGBMの開催企画。

GBMメンバー有志が中心となって、お題にそった動画を期限中に制作、公開するという企画の第二段。今回の期限は六月いっぱいで、お題は「リロード」とのこと。

すでに何本か動画が公開されているので、マイリストからどうぞ。

詳しい情報はiSFブログをごらんください。
05/25/2009    ノベマスを探す
NovelsM@sterというのは中々紹介しづらいジャンルなのか、あるいはそもそもジャンルとしてマイナーだからなのか、まあそんな理由は知りませんし、どうでもいいのですが、「面白いノベマス見たい!」と誰かが思ったときに、どこを探せばいいのかについて、知ってる限りで書いてみます。


▽2chのノベマススレ
作品の自貼り、他貼りだけでなく、現在は有志によって「見て面白かった作品を三行で紹介する試み」が行われています。紹介をいくつか読んでみて、気に入りそうなのを探すのにオススメ。ただし、2chにつきものの面倒ごとはあるので注意。YouTube板にあるので、ご自分で探してください〔新しいスレになるごとにURL変わるので、そこらへんはご了承くださると幸い〕。


NovelsM@ster・教養講座外部板
最近できた、したらばにあるノベマス・教養講座の外部板。紹介レスの転載スレだけでなく、批評をうけたい人用のスレ、ブログ記事の紹介スレなどがあります。


NovelsM@sterまとめWiki
ノベマスのまとめwiki。作品ごと、作者ごとのマイリストへのリンクなどが整備されています。もちろん、紹介はないので注意。とりあえず網羅的に多くの作品を把握するのに便利。


▽愛識Pのブログ、マイリスト
ブログの作品紹介のカテゴリでは長文による紹介を、マイリストでは注目している作品リストと短文による紹介をしています〔現在、マイリストは更新停滞中の模様〕。いわゆる「ノベマス」の全範囲をおさえているので、大抵の良作はここで探せます。ブログでの紹介、とくに長く書かれたものは、論理性とノベマスの潮流をおさえた分析を備えていて、読ませます。


▽ねこようじPによるブログ、マイリスト
「属性検索用」のマイリストには、その作品の属性が端的に書かれています。「春香たちの夜」ならば「哀川翔P サウンドノベル形式、フルボイス、サスペンス、完結済、マイリスコメント有 ※過激な表現あり」といった感じ。最近はブログでもレビューをはじめられた様で、こちらも楽しみ。


産業商会
上記ノベマススレで三行紹介をしている人のブログ。これまでの紹介まとめがメイン。使い方はノベマススレの三行紹介と同じく。三行だけでなく「店主のヒトコト」という感想欄があるのがうれしい。


続・空から降ってくるので
カズマ氏による動画の紹介ブログ。多く貼られた画像と、対談形式による進行が楽しい。多くの作品を紹介するのではなく、一つの作品をじっくり語るスタイル。それもあってか、「見てない作品を見させる」というか、「見た作品をもう一度見させる」方向なのかな、と思います。「おお、こんな見方もあるのか」と思うこと多々。


きょうもかわいいゆきぽ
ななかPによるブログ。定期的にノベマスの紹介を行っています。二行か三行程度の短文で、何本も紹介というスタイル。ノベマススレでの紹介のように、ざっと読んで、ティンと来たものを探すのにオススメ。


pre-posi blog
pozipozi氏によるブログ。動画を一本、長文で紹介するスタイル。紹介は短いまとめと、感想/解説の二つが柱になっていて、後者では氏の人となりというか、バッググラウンドが見えるのが面白い。ざっとあさるのではなく、腰を落ち着けてじっくり読むタイプ。



とりあえず、ここら辺をおさえておけば、わりと大まかにはつかめるのではないでしょうか。他の見る専系のブログや、ノベマスPのブログを見ておくとより完璧です。


5/30追記。ブログ二件追加。自分の不明を恥じます。ええ、全く。
04/23/2009    

ノベマスについて語るときに――架空戦記でもいいのですが――「文章力」という言葉が使われることがあります。

この言葉を目にしていつも思うのですが、そもそもこれは何を指して使われているのでしょうか。ぼくにはこれが単なるバズワードとしてかとらえられないのです。

読み手はさておき、書き手/作り手が「文章力」と言うとき、それは何がしかの甘さや逃避を含んでいるように見えます。このような曖昧で便利で、それゆえ意味のない言葉をつかうことによって、覆い隠されてしまっているものが多く存在するのではないでしょうか。

さしあたっては、前にどこかで書くなり言うなりした気がするのですが、この概念を分割して考えるべきでしょう。小説における議論を引くならば、それはまず、内容と言説に、換言すれば、語られるものと語られる方法に分けることができますし、前者はまた、キャラクターやプロット、あるいは世界観といったものに、そして後者は、文体や構成、台詞や描写などに分割されます。

もちろん、小説での議論を引くことや、概念を分割することじたいも、それなりの問題を孕むことは確実でしょう。けれども、よくわからない概念に振り回され、立ちすくむこと、少なくともそれよりは、ぼくにとってはマシであり、マトモな道であるように思えるのです。



MBF2、陽一Pは無事入稿されたとのこと。

いやあ、良かった良かった。入稿前日の朝になってやっと、第二稿についてのコメントつきテキストを送ったので間に合わないかと思いましたよ、ええ。

本人には「心が折れながら直しますた」とか言われたけど気にしません。というか、あの人はテキストを誰かにチェックしてもらうたびに心が折れてる気がします。まあ、なんでも、いいですけど。

というわけで詳細は陽一Pのブログでどうぞ。来ないと陽一Pがガン凹みするので(いや、知らんけど)、みんな来てあげてね☆


……それとは関係ないのですが、やっと様々な更新の目処が立ちそうです。ボチボチやっていこうと思ってますです、はい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。