--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/28/2009    夜は短し走れよ乙女
朗読P「夜は短し走れよ乙女」

朗読Pの一連のシリーズの内の最新作である。

これらのシリーズは基本的に、情熱大陸+Pというポッドキャストの音声と、柏城Pによる絵、そしてテキスト部分からなりたっている〔基本的に、というのは、今作ではスフキPも絵を提供しているからである〕。ポッドキャストの音声は、もちろん、そのまま一本を使っているのではなく、何十本何百本もの音声ファイルから切りとられ、再構成され、一本のストーリィを形作っている。音声、といっても、全て朗読によって語られているわけではない。テキストによる部分と朗読による部分、半々といったところだろうか。テキストは控えめで、多くを語らないが、タイポグラフィックな演出が心憎い。

そしてまた、柏城Pの絵が、恐ろしく合っている。聞いたところによれば、pixivかどこかで多くの絵師を見て検討したらしく、なるほど、そうなるのも合点がいく。柏城Pはリリカルな絵を描くほうで、朗読Pのつむぐストーリィと、窪田等によるおちついたナレーション、そして色調をおさえた画面とあいまって、ニコマスには独特の雰囲気を作り出している。

今作では、プロデューサーが出会う前の、真のほろにがく、切なく、そして誰にでもありそうで、誰にでもはない経験が語られている。やさしく、残酷で、誰かと古びたアルバムをめくっているような七分半であった。

休みの日の午後、ゆっくりと暖かいお茶を飲みながら、賞味されたし。


なお、鑑賞後は朗読Pによる解説を読まれると良いだろう。
スポンサーサイト
05/25/2009    ノベマスを探す
NovelsM@sterというのは中々紹介しづらいジャンルなのか、あるいはそもそもジャンルとしてマイナーだからなのか、まあそんな理由は知りませんし、どうでもいいのですが、「面白いノベマス見たい!」と誰かが思ったときに、どこを探せばいいのかについて、知ってる限りで書いてみます。


▽2chのノベマススレ
作品の自貼り、他貼りだけでなく、現在は有志によって「見て面白かった作品を三行で紹介する試み」が行われています。紹介をいくつか読んでみて、気に入りそうなのを探すのにオススメ。ただし、2chにつきものの面倒ごとはあるので注意。YouTube板にあるので、ご自分で探してください〔新しいスレになるごとにURL変わるので、そこらへんはご了承くださると幸い〕。


NovelsM@ster・教養講座外部板
最近できた、したらばにあるノベマス・教養講座の外部板。紹介レスの転載スレだけでなく、批評をうけたい人用のスレ、ブログ記事の紹介スレなどがあります。


NovelsM@sterまとめWiki
ノベマスのまとめwiki。作品ごと、作者ごとのマイリストへのリンクなどが整備されています。もちろん、紹介はないので注意。とりあえず網羅的に多くの作品を把握するのに便利。


▽愛識Pのブログ、マイリスト
ブログの作品紹介のカテゴリでは長文による紹介を、マイリストでは注目している作品リストと短文による紹介をしています〔現在、マイリストは更新停滞中の模様〕。いわゆる「ノベマス」の全範囲をおさえているので、大抵の良作はここで探せます。ブログでの紹介、とくに長く書かれたものは、論理性とノベマスの潮流をおさえた分析を備えていて、読ませます。


▽ねこようじPによるブログ、マイリスト
「属性検索用」のマイリストには、その作品の属性が端的に書かれています。「春香たちの夜」ならば「哀川翔P サウンドノベル形式、フルボイス、サスペンス、完結済、マイリスコメント有 ※過激な表現あり」といった感じ。最近はブログでもレビューをはじめられた様で、こちらも楽しみ。


産業商会
上記ノベマススレで三行紹介をしている人のブログ。これまでの紹介まとめがメイン。使い方はノベマススレの三行紹介と同じく。三行だけでなく「店主のヒトコト」という感想欄があるのがうれしい。


続・空から降ってくるので
カズマ氏による動画の紹介ブログ。多く貼られた画像と、対談形式による進行が楽しい。多くの作品を紹介するのではなく、一つの作品をじっくり語るスタイル。それもあってか、「見てない作品を見させる」というか、「見た作品をもう一度見させる」方向なのかな、と思います。「おお、こんな見方もあるのか」と思うこと多々。


きょうもかわいいゆきぽ
ななかPによるブログ。定期的にノベマスの紹介を行っています。二行か三行程度の短文で、何本も紹介というスタイル。ノベマススレでの紹介のように、ざっと読んで、ティンと来たものを探すのにオススメ。


pre-posi blog
pozipozi氏によるブログ。動画を一本、長文で紹介するスタイル。紹介は短いまとめと、感想/解説の二つが柱になっていて、後者では氏の人となりというか、バッググラウンドが見えるのが面白い。ざっとあさるのではなく、腰を落ち着けてじっくり読むタイプ。



とりあえず、ここら辺をおさえておけば、わりと大まかにはつかめるのではないでしょうか。他の見る専系のブログや、ノベマスPのブログを見ておくとより完璧です。


5/30追記。ブログ二件追加。自分の不明を恥じます。ええ、全く。
05/23/2009    
P名不明「糸 その1」

動画の説明文にはこうある――ここに動画、音声はありません。

――そう、この動画は足りないものだらけだ。音もない、立ち絵もほぼない。


物語は春香とプロデューサーの別れからはじまり、二人の手紙交換を通してつづられる。いわゆる、書簡体小説である。

書簡体小説といえば、やはりゲーテの「若きウェルテルの悩み」、あるいはシェリーの「フランケンシュタイン」あたりが有名どころだろうか。個人的には、太宰の「トカトントン」や、近松秋江の「別れたる妻に送る手紙」が好きだ。


けれども、問題は、ここがニコニコという場であることである。動画というジャンルであることである。

一体、どういう経緯で、ノベマスで書簡体をやろうと思ったのだろうか。あるいは、なぜ、その思いつきを実行してしまうだけの勇気をもてたのだろうか。


私はここに、テキストへの偏愛を感じるのだ。


ペデューサーPは自作の「職業アイドル」についてこう語った――物語を、基本となる骨子(骨)、その基本的な流れに直接関わっていく描写(筋肉)、直接は物語の根幹に関わらない描写(脂肪)の3つに分けるとするならば、本動画には3つ目がほとんど含まれていません。(中略) シリアスなのに脂肪がほとんどないとかかなり致命的な気 もしますが、そこはほら、文章そのものではなく、展開を楽しむ動画ということでどうか一つ。ニコニコ的には向いているやり方な気もしますし。

――「直接は物語の根幹に関わらない」というのが何を意味するのかをひとまずおくとして、もっともな議論である。影に日向に言われている、「ノベマスでは描写を削れ」という考えを裏打ちしている。


だが、と思うのだ。

テキストの意味は、果たして物語の進行のためだけのものであったのか。否。テキストには、そして描写には、それじたいに快楽がある。少なくとも私にとっては、そうだ。

ノベマスというジャンルを動画という視角から追求し、グラフィカルな側面、あるいはサウンドの側面から改良していくのは、もちろん、正しい。けれど、このようなテキストの側面から見直すこともまた、アリなのではないだろうか。そしてまた同時に、そのテキストをどう見せるか、という側面からも。


どのような評価がなされるにしろ、この作品の蛮勇と努力はひとまず買い、だ。

私は、テキストも、ストーリーも、演出も、買う。
05/20/2009    エスプレッソ閑話
silence*P「エスプレッソ閑話 - Una Storietta di Caffe Espresso」

普段PVを作っているsilence*Pのノベマス参戦作。至高の名作PVである「tout, tout pour ma cherie」を作ったP、といえば分かりやすいだろうか。

話を簡単にいってしまえば、アイドルたちがエスプレッソを飲む話、となる。登場するアイドルは亜美と真美、雪歩と真で、この四人が、プロデューサーの愛するエスプレッソを飲み、それについてプロデューサーと話をする。作り手じしんがエスプレッソが好きなようで、それについての話も興味深い。

分類としては、アイドルたちの日常のひとコマを描写するタイプなのだが、個人的には、のまPと少し似たタイプのように感じた。さりげなく整えられたインターフェースと、スローなテンポ、ストーリーラインでなんらかの<アイテム>、この場合はエスプレッソを主軸としている点が、その理由である。もっとも、最後の点に関しては、キャラクターは基本的にリアクションから描かれるということを鑑みれば、なるほど<アイテム>がよく導入されるのは頷けることであるが。

また、作者がブログで言及しているように、グラフィカルな部分でもかなりのこだわりが感じられる。立ち絵の改造やその出し方、フォントいじりや、あるいはアイキャッチなどが凝っていて、地味な部分ながらも、ゆったりした雰囲気を醸成しているように見える。ブログ記事中の「喋ってるキャラは口開け・喋ってないキャラは口閉じが望ましい」という部分は我が意を得たり、という感じであった。他の動画を見るに、もともとこういった細かい部分が気になる人なのだろう、と思う。ただし、僭越ながらこれらの部分で不満点をあげるならば、文字の位置が場面によって少々ズレているのが気になった。見ている途中で「あれ、ズレてないかな?」と思い、場面場面で文字位置を確認したので間違いないと思う。他の部分がとても綺麗にできているだけに、惜しい。

総じていえば、どの点をとってもクォリティが高く、万人にオススメできる作品である。

なお、変態紳士向けに<おまけ>が用意されており、これが、その、何だ……。とりあえずノベマスとしてちゃんと面白いから、変態なのがOKならば見て損はないと思うよ! リアルにココア吹いたし! それに、真美が可愛いし! 真美が可愛いし! ……大事なことなので二度いいました。


そうそう、どうでもいいことだが、私はお腹を壊すので、コーヒーは飲めないのであった。せっかくエスプレッソを飲みたくなったのに飲めない悲しみである。嗚呼。
05/17/2009    
シュP「春香さんたちのヒーローショーがおかしい」
伊集院光のネタにアイマスをあわせたもの。

こういった何かの音素材+アイマスの映像といったものには、ハバネロP「765プロのアイドル達があの海外ドラマに出演したようです」や、ぎょP「間食戦隊 スイハンジャイ!」〔リンク先はいずれも最初のもの〕などがあって、これもその後継。いずれもコメディが音素材であるのが興味深い。

一言で感想を言えば、「ずるい」。いや、ずるいだろ、これ。音素材の選び方もすごくずるいのだが、映像もずるい。アイマスの映像もムダに芸が細かいくせにそれを感じさせないし、アイマス以外の映像のセレクションもずるい。つまり最強である。


P名不明「ゆとり伝」
これもまた、ずるい。

中島敦「名人伝」を改変し、それに加えてテキストの朗読も試みた一編。

まずテキストだが、原作が原作だけにシリアスなものとなっていると思いきや、まったくそうではない。非常にバカくさい。中島の筆致を残しながら、大変頭の悪い文章になっている。つまり、大真面目な風にバカなことをつづっている。ニコニコ大百科にあるガチムチパンツレスリング系の記事や、あるいは、ノベマスでいえば、β日勿一P「貴音姫」などを思い浮かべればいいだろう。

そして朗読である。これが邪魔にならないどころか、終わってみれば、なくてはならないような気になるのである。特に朗読が上手いというわけではないのだが、淡々としたその読み上げにはなぜか引き込まれてしまう。同時にまた、よくもまあ、こんなものを淡々と読めるものだと関心もする。

なお、原作は青空文庫で読めるので、読んでおくとより楽しめるだろう。もちろん、読まなくても楽しめるが、読むだけの価値はある。
05/14/2009    RED祭り/ねーよ祭り
一部で〔アップロードされる前から〕微妙に話題になっていたRED.Pの新作がアガったらしいですよ。
RED.P「ココロノウタ」

そしてそれに狡猾にあわせてきた〔宣言してたw〕某Pの新作。
イォンゲリヲン新劇場版:破 予告編

……あんた、何やってんですかw
櫻香P「RED.Pを支援しちゃいm@ster」

微妙に遅刻したけど二本あげるという平良P。
平良P「春香さんに起こしてもらうだけ」
平良P「千早ちゃんが寝てるだけ」

……みんな、祭り〔?〕好きだね。何か他にもあわせてあげる人がいるとかいないとか〔見つけたらはる、かも〕。
05/11/2009    アイドル寮空室あり!
すっきりぽんP「アイドル寮空室あり!」

ここ最近での、ノベマスのスマッシュヒットといえばこれである。

今作は春香が「アイドル長屋」に移住して、そこの奇妙な住人たち〔こう書くとホラーな感じがしないでもないが、別にそうではない〕とドタバタを繰り広げる、というのが基調になっている。マイリストのコメントでも述べられている通り、高橋留美子「めぞん一刻」を元ネタにしつつ、その後継であるエロゲー「家族計画」「世界で一番NGな恋」あたりを参照している。その源流となっているのは落語の長屋もので、より大きな括りでいえば、擬似家族の話である。

擬似家族の話は基本的に、何らかの欠点をもつものが集まって擬似家族を形成して、その中で成長し、やがて擬似家族から離れるというのがストーリーラインであるのだが、「めぞん一刻」ではそうではなく、ラストで一刻館から離れなかったことに違和を感じたし、同時に「ああ、やはり高橋だな」などと思ったのだが、さてさて。

ところで、めぞんが好きか嫌いかでいえば、もちろん好きなのだが、どうしても響子さんが好きになれないのである。あれは美人だから許されているようなものであって、顔立ちに難があったらもうダメだろう。個人的には朱美さんがものすごくいい女だと思うのだが、あまり同意を得られないのが悲しいところだ。

さて、上気の通り、このお話は若干の元ネタを含んでいるのだが、そこで飛びだすのはNovelsM@sterの定義問題である。愛識Pの論によれば、現在のノベマスは「捏造絵、非戦闘もののゲームとのハイブリッド」が主流となっており、なるほど、この作品はその傾向を反映しており、同時に、そのランドマークになりうると言えるだろう。ここで、「NovelsM@ster」の定義問題に戻ろう。私が言いたいのは、この作品がノベマスではない、ということでは、決してない。というより、そもそも、定義を明確に定めることじたいが間違っているのではないか、ということである。それはまず第一に、ノベマス/架空戦記という区切りじたいがファジーとなっている現状があり、同時に、何らかのアイマス以外の元ネタを含む作品を架空戦記とするにしろ、あるいは「戦記」であるものに限定するにしろ、そういった境界上の作品は必ず存在するからで、また第二に、何らかの境界を明確に作り上げることは、同時に、非Aとしての排除をどんな形にしろ招くからである〔排除は大抵、対象が非Aであるとして行われる〕。ともかく、そういった定義問題というのは基本的にくだらないものだし、そもそも議論するだけ無駄である。せいぜい、茶飲み話になるだけであって、勝手に定義したところで、新しい定義があらわれ、それが認められてしまえば、トイレにされたうんこのように〔幼児の手によってすら〕、水に流されてしまうだけであろう。

閑話休題。

作品の話に戻ろう。私がこのシリーズを見たとき、強烈なパンチ力があるとはあまり思えなかった。言いかえれば、どの分野でも80点や90点をとるような作品だな、と思った〔別にそれを非難しているわけではまったくない〕。演出も細かいし、適度にはさまれるくすぐりも心地がよい。ヒットした下地にはそういった、減点要素がなく、地味に加点要素を稼いでいる点があり、それを土台にして、扱っている素材がニコマス民のツボに入ったということがヒットに導いたのではないか〔もちろん、運やタイミングが作用していることは言うまでもない〕。ちなみに、すべての分野で高得点を稼いでいるわけではないが、ヒットしている作品をあげると、たとえばタミフルPの作品がある。キャラクターのいじり方、音楽の使い方が抜群のセンスである。もちろん、どちらが良いとか悪いとか、そういう話をするつもりはないし、第一、不毛である。

そういったわけで、現在のノベマスの水準を知るにはひとまずチェックしておかなければいけないし、今後のノベマスを考える際に、ひとつの象徴として扱われなければならない作品だと言えるだろう。大抵の人間が一本十分という時間をしっかりと楽しめるデキである。



誠にどうでもいいが、こうやって作品外のことをぐだぐだ書き散らしながら紹介をするというスタイルはどうなのか、という疑問がないわけでもないので、次回からはもっと普通に紹介したいと思う。大体、面倒くさい。そもそもこれが紹介になってるのかと小一時間問いつめたくもなるが、まあ、紹介系ブログを自称するわけでもなし、許してもらいたい。

このブログは変態系ブログです。
05/07/2009    
てきとーに動画紹介。今日はノベマス一本、他二本。

百合根P「温泉ロケに行ってきた」
ノベマスシリーズもの第一作で、1daym@sterに出品した作品。

言ってしまえば、ありがちな、口のうまい変態プロデューサー系です。

だがしかし!

プロデューサーが女なんですよ…。そんでもって百合なんですよ…。言いかえれば、変態P系ノベマスをくるっと90度くらい回転させてゆりんゆりんにしてしまった、というのがコレ。つまり、おい外道の系譜。

これはもう、この設定が出てきた時点で勝ちでしょう。というわけで、「百合って、いいよね」なーんて人はご覧あれ。これでもかってくらいにゆりんゆりん。


ok3P「プロM@S 伊織誕生日記念 フタリの記憶」
いおりんの誕生祭から一本。何かもうP名ですべてを悟られる気がしないでもないですが、それはおいといても、感動の一本。「泣ける北米版アイドルマスター」タグがこの作品を物語っています。たぶん。

あと、アップされてからわりとすぐ見たはずなのに、それ以前に広告をつけていた方々〔誰なのかは自分の目で確かめてください〕はさすがだと思います。反応速度はやすぎw


のたれ氏「アイドルマスター アイドル紹介! だったはずなのに…」
嘘字幕によるアイドル紹介、EDとおまけつき。

アップロードは今年の二月はじめ。こんな傑作を今まで知らなかったこと、そして全然再生されてないことが非常にくやしいので紹介。

利用している素材は基本的にはイタリア語版の「カリオストロの城」。アイマスネタ、ニコマスネタがいりみだれる13分。マジオススメ。
05/05/2009    
てきとーに動画紹介。

P名未定「美希と伊織に全力で漫才をやらせてみた。1」
様々なところで紹介されていて、じわじわと再生数を伸ばしているシリーズ。

タイトルにあるように、方向性としては漫才。美希がボケで、伊織が突っ込み。コメディ系のノベマスの分類としては、先にストレートPなどのダウナー系、ぺデューサーPなどのアッパー系という軸をあげたが、これはどちらかというとダウナー系か。ただし、ストレートPがどちらかといえばコントを、ぺデューサーPがどちらかといえば漫才を指向しているのに対し、この作品はダウナー系の漫才、ということになるだろう(ちなみに、この伝でいけば、憂鬱Pはアッパー系の漫才で、事故米Pはダウナー系のコントだと思う)。

ネタの内容としては、スラップスティックの基本である繰り返しが多用されていて、良い意味でしつこいのだが、ネタの構成がうまいためにしつこすぎとは感じない。BGMとSEの選び方も秀逸で、内容によくあっていると思う。

また、ネタとして背景に出る文字や画像はポスト・ペドPならでは、といった感がある〔個人的には、そういった方面では事故米Pが事故m@sで行っていたニコ割の活用が一番「おおっ!」と来た〕。


森キノコP「凸ちゃん<こうなったら貴音のヒップアタックで・・・」
ロリ貴音、である。どっかの赤い絵師が大プッシュして、じわじわとビョーキな人たちを増やしているロリ貴音のノベマスである。

もう、私は、ロリ貴音が出ているだけで大満足である。ロリコンだから仕方ない。最近は居直ることにしたよ。アイマスで一番好きなキャラは真美だし、長谷川裕一のマップスではリムである。

それはともかく、内容はTDSのタワー・オブ・テラーを元にしたもので、絵は自作になっている。かわいい。続きものらしいので、はやく続編のロリ貴音が見たくてたまらないのだが、いや、ああ、すまん、話がそれた。

そういったわけで、皆様もロリ貴音コミュに入って、かわいいかわいいロリ貴音ちゃんに癒されるべきだと思う。

あと、どうでもいいことだが、最初にproject loliTAKANEと出て、個人的にはこれ、LOLITAkaneのほうが、ほら、何だ、LOLITAってなっていいんでないの、と思ったり思わなかったり。まあ、本当にどうでもいいんですけど。


透-視P「アイドルマスター 真美 いっぱいいっぱい パジャマ」
P名で察して下さると幸いです。

あと、「俺の股間もいっぱいいっぱい」というタグに思わず吹いたので、こんなものを作ってしまいました。バカでごめんなさい。
05/04/2009    MBF2(Duo)
お手伝いとして参加。相変わらず適当に書き散らします。

と、その前に、お会いした方のレポートを拝見できた限りで列挙(随時更新)。
RED.P カジカP 事故米P ねーよwwwP 赤菱P ろしつきーP

以下格納。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。