--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAP「765プロの優雅な一日」

新年会の動画をチェックしているときに、見て戦慄した動画がこれだ。

内容はプロデューサーと小鳥さんがコーヒーを飲みながらえんえんと腐った内容を妄想するというもので、その会話内容のレベルの高さ〔ある意味低さといってもいいが〕が話題となった。プロデューサーは、アイドルのおぱんつの甘露さについて妄想し、小鳥さんはTS〔性転換〕したアイドルのカップリングについて妄想する。

妄想シーンは画面が四分割され、上段右にはプロデューサーの顔、同左にはその妄想内容、下段左には小鳥さんの顔、同右にはその妄想内容が書かれている。つまり、視聴者はその二分割されたテキストを同時に見ることになる。一つのテキスト区画において、一行は九文字、最大行数は五となっており、カットの切り替えに要する時間は五秒程度。大体、二十文字から四十文字程度のものを二つ分、その時間内に読むことになる。どちらかといえばペースははやい方のように思えるが、むしろそれが過剰でビートのきいた文体を勢いづかせており、同時に、これらのペースのはやいカットの合間合間〔大体五カット前後〕に、ペースの異なった、キメとなるカットをいくつかはさむことによって緩急がつけられている。

また、忘れてはならないのは、ここで使われている絵の枚数が大変少ないということである。五分半の動画のうち、本編となるのは四分四十五秒程度だが、その中の大半、すなわち妄想シーンでは視聴者は〔いくらかの差分はあるものの〕同じ絵を眺めることになる。ニコニコ動画における、いわゆる「紙芝居」では、どちらかといえば絵に重点が置かれているように見えるが〔というのも大抵それらの作者が絵描きだからなのだろうが〕、この動画においてその比重はそうではない。もちろん、テキストがメインかといえばそうではないのだが、ここのあたりのバランスの絶妙さが面白さに一役買っているといえる。

畏怖すべきは演出の妙であり、このたび再見したときもまた、三嘆した。とにかく、上手い。
スポンサーサイト
08/05/2009    技術と知識と
時間があいたので、ノベマス系のブログを巡ってみて、いまさらぴんと来たのがこの記事だ。確か前に読んだときもそう思ったはずなのだけれど、いまになって自分なりの考えというものがもやもやから形をなしはじめたのだ。

ぼくにとって重要なのは「文字動画の利点」ではなく、二段目にある「『面白い』のは誰の手柄?」のほうだ。ここでは、面白い/面白くないを決める多くは読者、視聴者の生き様や経験などに起因するのではないかと語られている。

ふと思ったのだが、まずは読者/視聴者の技術というものを考えなければいけないのではないだろうか。単純にいってしまえば、何らかの作品を楽しむには技術がいり、また知識もいるはずだということだ。もちろん、読解に要する技術や知識の高低によってその価値が決まるわけではないが、すくなくとも、そういったものが必要であることは確かであるように思う。

たとえば、ヌーヴォー・ロマンを楽しむには確かな小説の読解能力が不可欠だし(ぼくもアレを楽しむにはいささか能力が欠けている)、ファインアートを鑑賞するには技術とともに美術史の知識が必要だ(単に絵をながめてきれいだというのはオムツとれたてのガキにだってできるし、そんなものは鑑賞とはいえない)。より卑近で単純な能力をあげれば、「伏線に気づくか気づかないか」ということは物語を楽しむにあたって重要な分岐点だ。あるいは、推理小説などにおけるトリックの感知問題にしたってそうだ。知識面の問題はパロディにいつだってついてまわる。

朗読Pが「私は物語を削る」といっている。あるいは「余白を作る」とも。陽一Pのテキストをチェックさせられるとき、ぼくはよく「もっと削れ」「ここいらなくね?」などといっている気がする(本当かどうかは陽一P本人に聞かないとわからないけど)。おそらく、もっと埋めてしまったほうがわかりやすいだろうと思う。けれど、そうでないほうが気持ちがいい。それは受け手の想像の余地があり、そこに入りやすいということもあるのだろうが、それについては措こう。ここでは結局、受け手に要求する読解能力のレベルを上げていることになる。

どういったものが好きなのかという好みの問題はあるにせよ、受け手の技術と知識という問題は作り手だけでなく、受け手としても避けて通れない。受け手としての自分から見れば、それが高ければ高いほど、より多くのものを楽しめるように思うし、それこそがオタクの生きる道ではなかったのか、とも、また、思ったりするのである。

まあ、なんでも、いいですけれど。


追記:書いては消し、消しては書いてをくりかえす日々でございます。ああ、どうしてくれよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。