--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/10/2009    
罵りP「きらめく舞台で、また逢えぬ6」
ペドP以降のコメディ系ノベマスをあさる場合、とりあえず見ておくべきだと言える作品の一つに罵りPのこのシリーズがある。

方向性としては、アッパー系のペドP路線ではなく、ダウナー系のストP路線。ペドP以後では事故米Pが同じダウナー系に属するように思えるが、どちらかといえば、罵りPはストPに近い路線(というより、事故米Pのものがぶっ飛んでいるといった方が正しいのだが)。すなわち、ちょいエロでニヤニヤする方向。

立ち絵加工など、グラフィックが凝っているのもすばらしい。ええ、色々スバラシイデスヨ。ハァハァ。

マイリストはこちらからどうぞ。


ト・アルP×ペデューサーP「春香とPと時々春香(笑)」
ここで今更紹介する必要はないような気もするのだけれど、悔しいことにすごく面白かったので紹介。

元祖「ノベマスの良心」ト・アルPと、そのタグについて嫉妬を抑え切れなかったあまりに「ノベマスの良心(笑)」となってしまったペデューサーPとの合作。内容はまあ見てのお楽しみということで……といっても、なんとなくわかってしまうのだけど。

それにしても、自身がこだわっていると言及しているように、ペドP作品のタイトルはすばらしい。内容を適確に表しながら、タイトルそのものが面白く、リズム感がある。前にも述べたと思うが、彼(彼女?)の言語感覚は本当に凄い(擬音や名前欄いじりその他参照)。

追記
…と思っていたら、このタイトルはト・アルPが作成した模様である。申し訳ない。まあ、どちらにしろすごくいいタイトルであることには変わりはないのだが。

ところで、前から思っていたことを昨日陽一Pがラジオで言っていたので、ここで書いてしまうが、ペドPのシリアス作品もぜひ読んでみたい。絶対にうまいと思う。もっとも、自らのイメージに敏感なペドPのこと、たぶん書いてはくれないと思うのだけど。


海月P「紙クリ指南劇場 やよいの憂鬱~ホワイトデー編~(やっつけ版)」
紙クリ指南とはなっているものの、紙クリネイティヴな話というよりいわゆるADV形式のノベマスの演出についての動画。後日「丁寧な仕事版」がアップロードされるそうなので、あわせて必見。

解説記事はこちらからどうぞ。



ふと思ったのだが、ノベマス・架空戦記の紹介というのは中々難しいのではないか。このジャンルの作品は連載モノが主軸となっているのだが、そういった連載動画は「いつ、どのように紹介するのか」という問題がまず存在するし、追いかけるシリーズ数やネタバレなどなど、数多の問題があるように見える。さて、どうしたもんか……。
Secret

TrackBackURL
→http://nyarl.blog59.fc2.com/tb.php/126-7ff0b94b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。