--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/11/2009    アイドル寮空室あり!
すっきりぽんP「アイドル寮空室あり!」

ここ最近での、ノベマスのスマッシュヒットといえばこれである。

今作は春香が「アイドル長屋」に移住して、そこの奇妙な住人たち〔こう書くとホラーな感じがしないでもないが、別にそうではない〕とドタバタを繰り広げる、というのが基調になっている。マイリストのコメントでも述べられている通り、高橋留美子「めぞん一刻」を元ネタにしつつ、その後継であるエロゲー「家族計画」「世界で一番NGな恋」あたりを参照している。その源流となっているのは落語の長屋もので、より大きな括りでいえば、擬似家族の話である。

擬似家族の話は基本的に、何らかの欠点をもつものが集まって擬似家族を形成して、その中で成長し、やがて擬似家族から離れるというのがストーリーラインであるのだが、「めぞん一刻」ではそうではなく、ラストで一刻館から離れなかったことに違和を感じたし、同時に「ああ、やはり高橋だな」などと思ったのだが、さてさて。

ところで、めぞんが好きか嫌いかでいえば、もちろん好きなのだが、どうしても響子さんが好きになれないのである。あれは美人だから許されているようなものであって、顔立ちに難があったらもうダメだろう。個人的には朱美さんがものすごくいい女だと思うのだが、あまり同意を得られないのが悲しいところだ。

さて、上気の通り、このお話は若干の元ネタを含んでいるのだが、そこで飛びだすのはNovelsM@sterの定義問題である。愛識Pの論によれば、現在のノベマスは「捏造絵、非戦闘もののゲームとのハイブリッド」が主流となっており、なるほど、この作品はその傾向を反映しており、同時に、そのランドマークになりうると言えるだろう。ここで、「NovelsM@ster」の定義問題に戻ろう。私が言いたいのは、この作品がノベマスではない、ということでは、決してない。というより、そもそも、定義を明確に定めることじたいが間違っているのではないか、ということである。それはまず第一に、ノベマス/架空戦記という区切りじたいがファジーとなっている現状があり、同時に、何らかのアイマス以外の元ネタを含む作品を架空戦記とするにしろ、あるいは「戦記」であるものに限定するにしろ、そういった境界上の作品は必ず存在するからで、また第二に、何らかの境界を明確に作り上げることは、同時に、非Aとしての排除をどんな形にしろ招くからである〔排除は大抵、対象が非Aであるとして行われる〕。ともかく、そういった定義問題というのは基本的にくだらないものだし、そもそも議論するだけ無駄である。せいぜい、茶飲み話になるだけであって、勝手に定義したところで、新しい定義があらわれ、それが認められてしまえば、トイレにされたうんこのように〔幼児の手によってすら〕、水に流されてしまうだけであろう。

閑話休題。

作品の話に戻ろう。私がこのシリーズを見たとき、強烈なパンチ力があるとはあまり思えなかった。言いかえれば、どの分野でも80点や90点をとるような作品だな、と思った〔別にそれを非難しているわけではまったくない〕。演出も細かいし、適度にはさまれるくすぐりも心地がよい。ヒットした下地にはそういった、減点要素がなく、地味に加点要素を稼いでいる点があり、それを土台にして、扱っている素材がニコマス民のツボに入ったということがヒットに導いたのではないか〔もちろん、運やタイミングが作用していることは言うまでもない〕。ちなみに、すべての分野で高得点を稼いでいるわけではないが、ヒットしている作品をあげると、たとえばタミフルPの作品がある。キャラクターのいじり方、音楽の使い方が抜群のセンスである。もちろん、どちらが良いとか悪いとか、そういう話をするつもりはないし、第一、不毛である。

そういったわけで、現在のノベマスの水準を知るにはひとまずチェックしておかなければいけないし、今後のノベマスを考える際に、ひとつの象徴として扱われなければならない作品だと言えるだろう。大抵の人間が一本十分という時間をしっかりと楽しめるデキである。



誠にどうでもいいが、こうやって作品外のことをぐだぐだ書き散らしながら紹介をするというスタイルはどうなのか、という疑問がないわけでもないので、次回からはもっと普通に紹介したいと思う。大体、面倒くさい。そもそもこれが紹介になってるのかと小一時間問いつめたくもなるが、まあ、紹介系ブログを自称するわけでもなし、許してもらいたい。

このブログは変態系ブログです。
Secret

TrackBackURL
→http://nyarl.blog59.fc2.com/tb.php/143-08795ce7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。