--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かぶとむしP「(´・ω・`)ショボーン紙芝居劇場」

紹介するには気がひける動画というものがあって、このシリーズもその一つだ。好みがわかれるだろうというのもあるが、何より、私の面白がり方が多分に人と違っていて、かつ、もしかすると作者の意図とは違った方向かもしれないからだ。

だが、一度試みに書いてみようと思う。


このシリーズは普通の動画としても楽しめるだけでなく、メタ的にも楽しめるように思う。なぜなら、私には、これがパロディであるように見えるからだ。

私が言っているのは、アイマスのパロディである、ということではない。〔ある種の〕ノベマスの、あるいはそれに対する俗情の、パロディのように見えてしまう、ということである。

いわゆる変態プロデューサー系のノベマスでは、「仕事はできる」「微妙に良いことを言う」「アイドルがころっと騙される」などのお約束がある。ある、というか、あった、というか、あるいは実際にはなかったのか、そういった細かいことは知らないが、何となくイメージはつくだろう。

本編はその方向性を極限までに高めた作品である。プロデューサーは犯罪者に近いレベルのド変態でありながら、イケメンで金持ちで仕事ができ、芝居がかったセリフを吐きつつ、アイドルをくどく。あげくの果てには、くどいたアイドル二人〔現在の所〕とセックスかぶとむし行為までする。ある種、タミフルPの「エロゲーっぽいアイマス」よりも「〔間違った〕エロゲーっぽい」かもしれない。


本編のベース、そして面白さはその「過剰さ」にあるのだ。もちろん、その過剰さはお話そのものにもあるだけでなく、例えば、音楽の使い方にもあらわれている。

バロックである。歪み、今にも崩壊してしまいそうな真珠である。崩れ落ちてしまいそうではあるが、いまだその美しさを失ってはおらず、むしろその様態が、ある種の美しさをかもしだしてもいる。

パロディをカウンターパンチとするならば、この作品は、ノベマスに対する俗情に絶妙のカウンターを〔意図したものにせよそうでないにせよ〕いれてしまっているのではないか。


冒頭で述べたように、確かに好みはわかれるだろう。嫌いだという人間もいるだろう。

だが、私は面白いと思う。いわゆる普通のノベマスとしても、そしてそのパロディとしても。

この過剰さ、歪み加減がこれからどうなるのか、私には楽しみでならない。



附記1:31話の説明文に「5/3都立産業貿易センターに行きましたが入り口で逃げました(´・ω・`)」とあった。いや、来ようよ(笑)

附記2:そろそろいつもの調子の新しめのものの紹介〔みたい何か〕メインに戻してみようかな、と思っております。こういったものもこういったもので、書くのは楽しいのですけれどね。
Secret

TrackBackURL
→http://nyarl.blog59.fc2.com/tb.php/157-cd1b0c24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。