--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
RAP「765プロの優雅な一日」

新年会の動画をチェックしているときに、見て戦慄した動画がこれだ。

内容はプロデューサーと小鳥さんがコーヒーを飲みながらえんえんと腐った内容を妄想するというもので、その会話内容のレベルの高さ〔ある意味低さといってもいいが〕が話題となった。プロデューサーは、アイドルのおぱんつの甘露さについて妄想し、小鳥さんはTS〔性転換〕したアイドルのカップリングについて妄想する。

妄想シーンは画面が四分割され、上段右にはプロデューサーの顔、同左にはその妄想内容、下段左には小鳥さんの顔、同右にはその妄想内容が書かれている。つまり、視聴者はその二分割されたテキストを同時に見ることになる。一つのテキスト区画において、一行は九文字、最大行数は五となっており、カットの切り替えに要する時間は五秒程度。大体、二十文字から四十文字程度のものを二つ分、その時間内に読むことになる。どちらかといえばペースははやい方のように思えるが、むしろそれが過剰でビートのきいた文体を勢いづかせており、同時に、これらのペースのはやいカットの合間合間〔大体五カット前後〕に、ペースの異なった、キメとなるカットをいくつかはさむことによって緩急がつけられている。

また、忘れてはならないのは、ここで使われている絵の枚数が大変少ないということである。五分半の動画のうち、本編となるのは四分四十五秒程度だが、その中の大半、すなわち妄想シーンでは視聴者は〔いくらかの差分はあるものの〕同じ絵を眺めることになる。ニコニコ動画における、いわゆる「紙芝居」では、どちらかといえば絵に重点が置かれているように見えるが〔というのも大抵それらの作者が絵描きだからなのだろうが〕、この動画においてその比重はそうではない。もちろん、テキストがメインかといえばそうではないのだが、ここのあたりのバランスの絶妙さが面白さに一役買っているといえる。

畏怖すべきは演出の妙であり、このたび再見したときもまた、三嘆した。とにかく、上手い。
Secret

TrackBackURL
→http://nyarl.blog59.fc2.com/tb.php/162-d8de83d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。